中学受験時の「報告書」について

「報告書」とは、保護者等から小学校の担任に作成を依頼し、中学受験先へ提出する書類で、高校受験の際の「内申書」と同じものと考えていただければよいでしょう。
書式は、受験する中学校の指定書式の場合と、小学校それぞれの書式の場合があります。
欠席日数や成績を確認するために提出を求められる場合には、通知表のコピーで代用できることも多いようです。
私立の中学受験の場合には、ほとんどの場合は筆記試験と学校によっては実施される面接の結果によって合否が決定されるため、報告書の内容はあまり加味されません。提出を求める学校は多くはなく、求められる場合でも、小学校での出席率の確認や、合否ボーダー上にある場合に参考とされる程度、考えてください。
これに対して国立校では、私立校と比較して合否決定における影響は大きいと言えます。
また作成された報告書は厳封した状態で渡されますので、そのまま志望校に提出します。
なお作成に時間のかかる場合もあり、中学受験時期には担任に依頼が集中することもありますので、必要な場合には先行していつごろどんな書式で依頼する予定なのかだけでも、担任に伝えておきましょう。
また受験のモチベーションを整えておくことも必要です。
報告書ばかりに気を取られないで子供のことをよく見てあげましょう。