保証人が関連

任意整理というのは一般に債務の整理というようにも呼ばれており、それぞれの債権を有する者への返金を続けていくことを選ぶ債務整理の方法なのです。

 

実際の流れですが司法書士の資格を持つものもしくは債務処理経験のある弁護士貸し手とあなたとの仲介役として示談をして、利息を定める法律に従って利息の再考慮を行い元金について借入金利をカットしたことで3年ほどの期日をめどに返済を行う債務の整理の方策です。

 

この任意整理には各裁判所のような機関が処理しないのでこれとは異なる手順と比較した場合、手続きした際のリスクが最も少なく手続き自体も依頼者にとって最もストレスにならないことから、最初に比較考慮したほうがよい対策といえます。

 

また、債権を持つものがヤミ金といった高額な借入利息ならば、法で定められている貸出利息以上に支払った借入金利に関してはその元金に充てられると考え元金それそのものを減額することだって可能です。

 

つまり、サラ金業者のようなとても高額な借入金利のところに対し長い期間返済を続けている例では一定の利息分をカットできる場合もあり、十数年返済を続けている場合だと借金自体がなくなってしまう場合もあります。

 

任意による整理の良い点を挙げると破産宣告とは違って特定の負債のみをまとめていくことになるので、他に保証人が関連する負債額以外について整理したい際や住宅ローンの分以外だけを整理をしたい場合などでも使用することが可能になりますし、築き上げてきた財産を処分する義務がないため自動車や土地などの資産を保有していて処分してしまいたくない場合においても選択肢になる借金整理の手続きです。

 

ただし、手続きを取った後返済していく額と現実の手取り額を検討して、ある程度返済の計画が立つようであれば任意による整理の処理を進めることが可能ですが、自己破産とは違い負債自体が消えるということではありませんのでお金の額がかなりある状況では、現実問題として任意整理にての方法を取るのは困難になると判断することになるでしょう。